フリーターから正社員には就職したいと思うが、抜け出せない。

それは、フリーター生活が楽だから。

このように思っている人も多いはずです。

フリーターの、メリットとデメリットを参考に改めて考えてみてくださいね。

フリーターのメリット

フリーターは、自分の生活スタイルに合わせることができるということです。

どんなことか具体的にまとめてみます。

働く日数や曜日を決めやすい

一週間のシフトで決まられるアルバイトも多くあります。

さらに言えば、日雇いだと前日に出勤の有無を決められるます。

働きたい時に働けるから生活スタイルに合わせやすいです。

責任感が少ない

正社員のように、難しい仕事を押し付けられることはありません。

簡単な仕事だけしていればいいわけです。

それは、責任感が正社員よりも少ないからです。

仕事のミスをして責任を取ることもあまりないので、仕事がやりやすいといえますね。

基本的に残業はない

仕事が定時で終わらなかったとしても、アルバイトが残業することは基本ありません

忙しい時は1、2時間くらい残ってほしいと頼まれることもありますが、断ることもできます。

働いた分の残業代は、そのままもらえますし、1日8時間以上になると、割増賃金として支払われますよ。

フリーターのメリットとデメリットを徹底解説

基本は、副業しても大丈夫

正社員と違って、副業しても問題ありません。

うまく時間を使うことで、高給料稼ぐこともできます

正社員と違って、ばれたからといってクビにはなりませんからね。

辞めやすい

正社員だったら、辞めたいと思ってもすぐに辞めることはできません。

業務の引継ぎとか、人材の確保とかいろいろな問題があります。

フリーターは、入ったところがブラック企業や、人間関係が悪い職場だと感じたらすぐに辞めることができます。

企業側も、アルバイトはすぐ辞めてしまうものと思っていますからね。

出張・転勤がない

出張や転勤は、基本的にはありません。

断ったらからといって、正社員みたいにクビや左遷みたいなことにはないですからね。

フリーターのデメリット

メリットを上げるとたくさんありましたが、将来的にはデメリットが重くのしかかってりきます。

詳しく見てましょう。

安定感がない

働いた分の給料しか稼ぐことができません。

病気やけがをして、働けない期間があると貯金を切り崩して生活する羽目になります。

それを、雇用期間があるので、いつクビを切られかわからないです。

あなたが頑張っていても、業績が悪かったり、事業縮小があるかもしれませんからね。

賞与・昇給がない

フリーターは、頑張りで時給が少しは上がるかもしれません。

しかし、正社員と違って賞与(ボーナス)や昇給がないため、年齢を重ねても給料は一定のままです。

だから、給料の格差が開く一方です。

フリーターのデメリット

社会保険に入れない場合が多い

勤務時間と勤務日数が加入条件をクリアしていれば、アルバイトでも健康保険と厚生年金を付けることができます。

しかし、加入すると会社が半分払う必要があるため、嫌がって加入しないケースがあります

法的にはアウトなんですけどね・・・

だから、自分から辞めていく人もいますよ。

スキルアップが期待できない

フリーターは責任が少ないからこそ、仕事を任せてもらえずに、誰でもできる仕事しかさせてくれません。

だから、スキルアップは見込めないですよね。

世間体が冷たい

世間からは、印象が良くはありません

それは、安定した仕事ではないからです。

いつ仕事がなくなるかわからないし、収入が途切れてもおかしくないと思われやすいから冷たく見られるのです。

社会的信用がない

安定した収入がないから、車や家を買う時にローンを組むことができない場合が多いのです。

また、クレジットカードを作れないことがあります。

生活をしていくなかで不便を感じることも多いですよ。

将来のことを考えると、正社員のほうがいい

将来のことを考えると、正社員のほうがいい

紹介したようにフリーターには、メリットとデメリットの両方があります。

フリーターは、自分の生活スタイルに合わせて働くことができます。

しかし、将来のことを考えると、正社員で働くほうがいいですよ。

フリーターは、給料が安定しないことや昇給しないこと、雇用期間があることから、生活の保障がされていません。

健康なうちの20代は賢い働き方だと思います。

30、40代の中高年になると、病気やけがをする可能性が高くなる年齢です。

そうなると、働けない日数の給料は稼ぐことはできないし、通院や入院代のお金を支払うことができませんよね。

生活がまともにできないことも考えられます。

正社員の場合は、固定給や、入院代なども出してもらえる企業も多いのでお金に困ることがないですよね。

まとめ

フリーターには、メリットもあればデメリットもあります。

生活スタイルの合わせて働けることがいいと思う人が多くいます。

しかし、保障がないから年を重ねるごとに、生活していくのが厳しくなってくる可能性は高いのです。

そうならないように、20代のうちに正社員で就職することをオススメします

30代になると即戦力のある人材しか採らなくなるため、正社員での就職は難しくなりますからね。