正社員なりたいは退職理由にしない方がいい

前回、正社員になりたいからは志望動機になる?という記事を書きました。

今回は上記の志望動機に対して、「正社員になりたいので退職したい」は、退職理由として通用するのかをまとめます。

現在、フリーターや契約社員、派遣社員の人は、目を通しておいて損はないと思いますよ。

正社員になりたいので退職したいと伝えても大丈夫?

目の前に正社員の椅子だけ吊り下げられている場合

これが一番キツいですよね。

今のままアルバイトや契約社員を続けていけば、いつかは正社員になれるんじゃないか?と。。。

ですが、この状態が半年も続いているなら、その会社は完全にアウトです。

正社員にする気なんて、ほとんど0に近いくらいありません。

正社員採用する気が本気であるなら、3ヶ月も頑張れば正社員にしてもらえますからね。

しかし、直接的に「正社員になりたいので退職します」と言っても引き止められることが多いですよ。

「後2ヶ月くらい頑張れば!」とか、「〇〇を直せば正社員にしてあげるよ!」と言いながら、飼い殺しにされます。

雇用主は、いつでもクビを切れる労働力のフリーターを繋ぎとめておきたいだけなんです。

ですのでこの場合は、限りある時間を使って自分なりに就職活動するのがオススメです。

そして、就職先が決まったら、他にやりたいことがあるのでとでも言って退職すればオッケーです。

本当にやりたい仕事があって退職する場合

例えば、趣味でプログラムをやっている内に、エンジニアとして本気で頑張りたいと思ったようなケースです。

この場合は、正社員になりかいから辞めますではなく、やってみたい仕事があるのでといった理由の方が退職がスムーズです。

正社員になりたいからだけでは、退職理由として不十分と考える会社もありますからね。

別にフリーターの退職理由なんて気にする必要はない

色々書いてきましたが、結局あなたがフリーターだったとしても、契約社員でも派遣社員でも、退職理由なんて気にする必要はないんです。

そもそも、どうしても退職してもらいたくない人なら、辞めにくいように正社員の椅子を用意するのが普通です。

本当にやりたい仕事があって退職する場合

それをしないということは、辞められても現状は困らないと捉えて問題ありません。

確かにスムーズに退職できるのに越したことはありませんが、フリーターの退職理由は、本当に自由でかまわないのです。

長く働いた職場なら、多少愛着はあるもしれませんが、それで縁が全て切れるわけではありません。

縁から切りたいなら、「今週いっぱいで退職します」と、理由も言わずに退職しても良いでしょう。

まぁオススメはしませんけどね。

まとめ

正社員でないなら、退職理由にこだわる必要はありません。

ただし、もし関係を悪化させたくはないと思っているなら、「正社員になりたい」と直接伝えるのはオススメしません。

「やりたいことが見つかったので」といった感じで、前向きな退職理由を伝えてくださいね。

その際は、就職支援サイトなどを上手く使い、出来るだけ正社員になれる道を見つけてから退職してくださいね。

今読まれている記事

【フリーターから正社員になる為の第一歩】就職支援サイトランキング

ハタラクティブって何?評判はどうなの?

JAIC(ジェイック)って何?評判はどうなの?

何歳までならフリーターから正社員になれる?

正社員なれない人はこんな人です!

コメントを残す

「フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ」は、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

ページトップに戻る