正社員になりたい人の為の面接術

印象に残る志望動機や自己PRの答え方

更新日:

正社員になりたいなら、志望動機や自己PRの答え方には気を付けなければなりません。

フリーター時代には志望動機や自己PRに気を使ったことはない人がほとんどなので、ここでつまづく人も多いのです。

志望動機や自己PRの伝え方

しかも志望動機や自己PRは、合否においても重要な意味をもつので、適当に答えてはなりません。

どんな自己PRが効果的なのか?

まずは、自分の人柄やこれまでの経験やスキルを話します。

そして前職においてどんな経験をしてきたか、それらの経験がどのように活かせるかを伝えましょう。

この時、具体的なエピソードも混ぜて話すことで、話の説得力が増します。

エピソードは話が自然につながり、関連性のあることなら何でもかまいません。

面接官は、この人が会社に入社してきたら、役に立つのかどうか、一緒に仕事がしたいかどうかを見ています。

そのことを踏まえたうえで、面接官の心を揺さぶる自己PRを考えましょう。

印象に残る志望動機の答え方とは?

つぎに志望動機ですが、ありきたりな志望動機では面接官の心には全く残りません。

「企業理念に共感しました」「事業に興味を持ちました」「たくさんのことを学べると感じました」だけではダメです。

そんなことは、何度も何度も面接官が聞いている志望動機の定形パターンです。

印象に残るためには、それらにプラスαで答えなければなりません。

  • なぜ企業理念に共感したのか?
  • どの事業に興味を持ち、なぜその事業に興味を持ったのか? 
  • どのようなことを学び、会社に貢献してくれるのか? 

最低でも、これくらいのことは考えておかなければ、志望動機を話す意味はありません。

「人と違うことをやる!」 というより、自分が会社に入ることで、どのようなメリットがあるかを伝えてください。

まとめ

フリーターから正社員になりたいと考えているなら、フリーター時代とは一味も二味も違う自己PRと志望動機を考えてください。

ありきたりな自己PRや志望動機では、面接官の印象に残らず採用もされません。

自分が会社にとってメリットのあることが最大限伝わるような、あなただけの自己PRと志望動機が必要なのです。

とはいっても自分だけで考えるのは難しいと思います。

ですのでこういった悩みは、就職コンサルタントに相談するのがオススメです。

無料で相談できる就職支援サイトもあるので、悩む前に相談してみてくださいね。


今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-正社員になりたい人の為の面接術

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.