正社員になりたい人の為の面接術

面接が終わったらお礼状を送りましょう

更新日:

就職活動をしていれば、お礼状の存在くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、アルバイトの面接後にお礼状を書いたことのある人は、ほとんどいませんよね。

これがビジネスの場の話になると、やり取りもそこまで珍しくないんですけどね。

だからこそ面接後のお礼状一つでも、周りの人と差をつけることが出来ます。

面接が終わったらお礼状を送りましょう

面接後にお礼状を書くのはマナー?

面接後に御礼状を書くのは、決して就活マナーの基本ではありません。

書いてない人の方が多いくらいですし、書かないからといって不採用の直接的な理由にはなりにくいでしょう。

ですがフリーターは、書類選考でも面接でもとにかく不利になりがちです。

だからこそ、心のこもったお礼状一つでも合否を左右する可能性があるんです。

もし能力の同じくらいのAさんとBさんがいて、Aさんだけがお礼状を送っていたとしたら?

「お礼状を送ってきたAさんを採用しよう!」と考える企業があっても、全く不思議ではありません。

フリーターから正社員になりたいと本気で考えるなら、これくらいの努力はしておきたいところです。

お礼状はメールでもいいかどうか?

お礼状は、便箋に書いて封筒にいれ、郵送するのが基本です。

しかし一社一社に送っていれば、間違いなく手間になります。

そんな時はメールでお礼状を書いたのでも、多少の効果は期待できるでしょう。

簡単なお礼と貴社で働きたい思いが強くなったことを述べて、「返信は不要です。」と締めてください。

ただし古くから続く企業や、年齢層の高い面接官宛てに送る場合は、便箋のほうがいいですよ。

ちなみにお礼状を書く場合は、下記のポイントを守ってください。

  • ボールペンか万年筆で手書き。
  • その日中に送る。
  • 簡潔な内容にする。
  • 便箋は縦書き。
  • 宛名がわからない場合は採用担当者でOK。

お礼状を書くのは便箋でもメールでも、早ければ早いほどいいです。

面接時にあなたの印象が残っているうちが効果的ですよ。

まとめ

お礼状は必ず送らなければいけないものではありません。

ただしお礼状を送ることで、多少なりとも正社員採用に有利な影響をもたらす可能性があります。

もし本気で正社員になりたいなら、面倒かとは思いますが、お礼状の手間もおしまないようにしてくださいね。


今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-正社員になりたい人の為の面接術

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.