面接や応募書類の気になるQ & A

すぐに辞めた会社のことは履歴書に書くべきか?

更新日:

フリーターから正社員になりたいと就職活動を始めると、気になることの一つが「すぐに辞めた会社のこと」です。

これを履歴書や職務経歴書に書くべきかどうか、悩むのは当然と言えば当然です。

退職した会社のことは、面接で必ず突っ込まれると言っても過言ではないポイントです。

すぐに辞めた会社のことは履歴書に書くべきか?

「出来れば書きたくない!」これがフリーターとしての本音ではないでしょうか?

すぐに辞めた会社のことは書かなくても良い

実は履歴書や職務経歴書に、すぐに辞めた会社のことは書く必要がありません。

目安としては3ヶ月未満までの職歴なら、書かなくて良いとされています。

実際にハローワークの職員によっては、3ヶ月未満や試用期間中の退職については、書かなくて良いという指導をしていることもあります。

ですので、どうしても短い職歴を書きたくないのであれば、無理に履歴書や職務経歴書に書く必要はないのです。

経歴詐称は間違いなく詐欺です

かなり悪質なウソを書いていたのであれば、後々で問題になる可能性があります。

例えば未経験分野についての資格や、業界TOPクラスの企業で役職がついていたなどが、その一例です。

ただし履歴書や職務経歴書に、職歴の一部を書かなかったくらいでは、経歴詐称とまではいきません。

ご安心ください。

解雇の対象になるのか? ならないのか?

職歴を書かずに面接に望んだ場合、基本的には事前にバレることはありません。

金融業や警備業など、一部の業界をのぞいて前職調査がおこなわれることはまずないので、基本的には心配無用です。

ただし、働きだしてからはバレる可能性の方が高くなります。

それが解雇の理由になるかと言えば、時と場合によります。

もちろん悪質なものは解雇対象になりますが、問題ない場合の方が多いのです。

そんな簡単に正社員はクビにはなりません。

しかし書いてなかった職歴の内容次第では、空気が悪くなることもあるので注意が必要です。

まとめ

基本的には、3ヶ月未満と試用期間中の職歴については、職務経歴書と履歴書に書く必要はありません。

ただし採用後には高確率でバレるので、空気が悪くなったりウソをついた内容によっては解雇の対象となります。

履歴書や職務経歴書では、一部の職歴を書かないだけにして、内容を大きく偽るような行為はやめておきましょう。

このことは採用前にも採用後にも重要なことです。

不安が残る場合は、就職コンサルタントに事前相談しておきましょう。

関連の記事:ブラック企業を簡単に見分ける方法ってあるの?


今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-面接や応募書類の気になるQ & A

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.