ブラック企業を簡単に見分ける方法ってあるの?

正社員になりたいと願ってはいても、ブラック企業で働きたいと考える人は誰もいないですよね。

ですが世にある会社の中には、人を人として扱わないような劣悪なブラック企業も存在します。

ブラック企業を簡単に見分けるためのポイントとは?

そういった誰もが働きたくなくなるブラック企業ですが、簡単に見分ける方法があります。

面接でいくら取りつくろっても、企業の表面的な評判がよくても、調べれば実態はわかります。

フリーターから正社員になりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

その1:転職関連の口コミサイトを使う

転職関連の口コミサイトといえば、転職会議を中心に、カイシャの評判、VORKERS、キャリコネなどがあります。

登録の手間もあり多少の出費は必要になりますが、情報は結構正確なので役に立ちます。

実際に働いていた人の話を聞ける機会はそうそうはありません。

就職した後で、地獄のようなブラック企業だとわかってしまうと、本当に悲惨なことになります。

そういった最悪のミスマッチを避ける為にも、こういった情報サイトは積極的に使っていくべきでしょう。

その2:実際に会社を見ておく

面接も含めて実際に会社に行くことで、わかる実態というのがあります。

罵声が飛び交っていたり、高圧的な態度をとっている人が目立つような会社は危険信号です。

ブラック企業は普段の仕事ぶりから、ブラック臭がただよっていますからね。

その3:就職支援サイトを利用する

ハローワークと違って就職支援サイトは、それなりのお金を払って求人募集をおこなっています。

ぶっちゃけた話、ハローワークは無料で求人募集が出来るためブラック企業の比率は高めです。

それと比べて、ハタラクティブJAIC(ジェイック) といったわたしが紹介しているサイトは違います。

無料で登録でき、無料で相談や就職の支援までしてくれます。

また、面接に行く企業がどんな会社なのかも教えてくれます。

さらに、ハタラクティブの場合、ブラック企業の基準をもうけ、実際にスタッフが企業に足を運んでブラック企業じゃないかをチェックしています。

そのため、自分だけで就職活動をするよりも、圧倒的にブラック企業あたりにくく、働きやすい会社が見つかりますよ。

まとめ

実際に会社を見て、口コミサイトや就職支援サイトを使えば、その会社の実態は見えてきます。

現在がフリーターだからといっても、ブラック企業でこき使われてつらい思いをする必要はありません。

まともな優良企業で雇ってくれる会社は見つかるので、安心して就職活動をしてくださいね。

今読まれている記事

【フリーターから正社員になる為の第一歩】就職支援サイトランキング

ハタラクティブって何?評判はどうなの?

JAIC(ジェイック)って何?評判はどうなの?

何歳までならフリーターから正社員になれる?

正社員なれない人はこんな人です!

コメントを残す

「フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ」は、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

ページトップに戻る