正社員になる前に気になる疑問や不安

正社員でバックレしたら?再就職で不利にならないための対処法

投稿日:

正社員でバックレしたら?再就職で不利にならないための対処法

正社員として働いている方でも、何らかの理由で追い込まれてバックレしてしまったという方はいます。

ですが、何も考えずにバックレするのは危険です。

バックレ後に後悔したり自分をせめてしまう人も少なくありません。

もしバックレしたら再就職で不利になるのか?

もしバックレしたら再就職で不利になるのか?

正社員で勤務している会社をバックレしたものの、再就職で不利にならないか不安・・・

バックレしたいくらい仕事を辞めたくても、気になってしまうのは再就職できるのか?という問題ではないでしょうか。

正社員でバックレた経験があると書類選考や面接で不利になるのでは?と思いますよね。

当然、バックレたことが採用担当者にバレれば採用される可能性は限りなく低くなるでしょう。

しかし結論からいいますと、実際に面接を受けた時バックレ後かどうかを面接官は判断することはできません。

面接官がわかるのは履歴書や職務経歴書に書いてある職業歴だけで、自分から言わない限り基本的にバックレしたことがバレることはないです。

個人情報保護の関係で金融や警備関連の会社をのぞき、前職調査をする会社もほとんどありませんから。

ただし、前職が数か月しか働いていないなど職歴に不安要素がある場合、なぜすぐに仕事を辞めてしまったのか?を聞かれることがあるので注意が必要です。

仕事を短い期間で辞めた方の場合には、面接のときに仕事を辞めた理由をきちんと説明できるようにしましょう。

このとき辞めた理由と転職先の候補となる会社を結びつけることができれば、バックレ後でも仕事探しが有利になるかもしれません。

退職理由が「仕事内容が合わないな」などの場合、根性がないと思われてしまうこともあります。

短期間で仕事を辞めている場合、マイナスのイメージが持たれることもあるのでやる気と熱意でカバーすることも忘れてはいけません。

バックレ後は自分を責めすぎないことも大事

バックレ後は自分を責めすぎないことも大事

「いくら仕事が辛かったとはいえ、会社に迷惑をかけてしまった・・・」

責任感の強い人や真面目な方だとバックレしたことを後悔したり、自分を責めてしまう人も少なくありません。

確かに正しい退職手続きをしたうえで辞めるのが、必要以上に迷惑をかけることもなくベストです。

人からは無責任と言われることもあるかもしれません。

しかし、すぐにでも辞めなければあなたの精神や体がもたなかった、あるいは「これ以上あの会社のために1秒もかけたくない!」と思うほどひどい会社だったという場合もあるでしょう。

なかには退職手続きをとろうとしても、誤魔化そうとしたり、脅してきたり、退職をさせないようにしてくるブラック企業だってあります。

あなたがバックレたいと思うほど追い詰められていたことは事実ですよね。

このような場合はバックレてしまうのも仕方がないことだと僕は思います。

バックレた事実は取り消せません。

自分で決断したことだからこそ、自分で自分を責めない姿勢も大切です。

自分を肯定することによって、前向きに物事が考えられるようになってきます。

前向きに考えるからこそ、次の就職というステップへ安心して進んでいくことができるのです。

もしも追い込まれている状態で仕事を続けたら、うつ病などさらに状況は悪化していたかもしれません。

いきなり仕事を辞めるということは、自分で自分を守るための選択肢の1つであるという点を忘れないようにしましょう。

最善はバックレする前に転職!転職先を探す時に覚えておいて欲しいポイント

最善はバックレする前に転職!転職先を探す時に覚えておいて欲しいポイント

とはいえ、最善はバックレする前に転職をするのがベスト。

少しでも転職活動をする余裕があるのなら、感情に任せてバックレるのではなく計画的に転職した方が後々有利です。

バックレ後、再就職活動時にバレることが少ないとはいえ、つじつまが合わずウソがバレてしまったり、前職の関係者が志望企業と関係がある可能性もあり、バレる可能性はゼロではありません。

なにより、後ろめたいことがあるとバレないかビクビクしたり、自信が持てず就職活動時に専念することがむずかしくなります。

転職活動には多少時間がかかるかもしれませんが、バックレるより圧倒的にメリットがあります。

今の仕事から解放されるだけでなく収入アップも不可能ではありません。

少なくとも生活に関する不安を抱かなくてすみますし、自信をもって納得のいく転職活動ができるはずです。

転職先を見つける際ひとつ気をつけて欲しいのが、「今の仕事をバックレしたいと思った理由を考えてから仕事を探す」ということです。

アルバイトやパートであれば、バックレするという方もある程度います。

ですが正社員でバックレするということは、よほど追い込まれている証拠です。

人間関係がつらいということもあれば、仕事がつらい、もしくは待遇が悪いため仕事を辞める決意をしたという方もいるかもしれません。

辞めたいと思った原因を見つけずに次の仕事に就くと、また途中で逃げ出して同じことを繰り返してしまうこともあります。

同じことを繰り返さないためにも、しっかりと条件を考えてからを転職先を探すことを忘れないようにしましょう。

【まとめ】転職や再就職なら就職支援サイトへ相談するのも一つの手

【まとめ】転職や再就職なら就職支援サイトへ相談するのも一つの手

バックレしたいほど精神的に追い込まれている状態なら、転職のことなど考えられないかもしれません。

しかし、こういう時こそ冷静な判断が必要です。

一度休みをしっかりとって心の状態を回復させましょう。

そして、円満に転職する手段がないか、在職中に転職活動が可能か一度考えてみましょう。

次の仕事が決まらない状態で仕事を辞めると、何もやる気が起きずに行動できなくなってしまうかもしれません。

逆に言えば次の仕事を決めてから辞めることで、次のステップへと前向きに進むことができます。

自分1人でどのような仕事を探せばいいのかわからない時の対処法として、就職支援サイトを利用するのも1つの手です。

仕事を辞めるほど追い込まれているときは、冷静に判断できずに適当に仕事を選んでしまいがちです。

就職支援サイトは、数多くの就職・転職希望者を成功に導いている転職のプロです。

バックレたいほどの悩みを抱える方の相談も数多く経験しています。

そのような方にサポートしてもらうことで、自分が求める条件から働きやすい職場を見つけてもらうことにつながります。

就職支援サイトは、バックレしてしまった後に再就職先を探す時にも頼りになります。

バックレたいと感じているということは、バックレしたいほど追い詰められる原因があったということです。

就職支援サイトに相談すると追い詰められた原因が何かわかり、次はどのような職場で働くのがベストかも一緒に考えてもらえますよ。

万が一バックレてしまった後でも、なるべく不利にならないための応募書類や面接のサポートもしてもらえるのでぜひ相談してみてください。


今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-正社員になる前に気になる疑問や不安

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.