正社員になりたい人の為の面接術

長所と短所の上手な伝え方

更新日:

面接で長所と短所の上手な伝え方が出来るかどうかが、合否のわかれめになることもあります。

長所も短所も伝え方次第で、良くも悪くも評価が変わるんです。

正社員になりたいフリーターの人は必見ですよ。

長所と短所の上手な伝え方

面接官は、なぜ長所と短所を質問するのか?

それはその人がどんな人間かを見たいからです。

面接でよくあるパターンとして、まずは長所を聞いて、その次に短所を質問してきます。

これは下記のようなことを確認したいからです。

  • 十分な自己分析が出来ているか。
  • 客観的な物事の見方が出来ているか。
  • 誠実さをかね備えた人間かどうか。
  • 課題に対する解決能力があるかどうか。

ですので、単純に長所や短所の内容だけで合否を決めているわけではありません。

同じ会社で働く人間のひとりとして、問題がないかどうかをチェックしているに過ぎないのです。

誠実さも客観性も課題解決能力も、全て仕事では必要とされる能力です。

だからこそ、様々な仕事において同じような長所と短所の質問をしてくるわけなのです。

まずは最低限の自己分析をおこない、自分がどのような人間かを考える必要があります。

そうすることで、自分の長所や短所が見えてきます。

事前の準備なしに、長所や短所をスラスラと答えられる人は、あまりいませんからね。

友人や家族に協力をお願いして、長所や短所を教えてもらうのも一つの手です。

短所は伝え方次第で長所にもなる

何も考えずに話した短所は短所のままですが、伝え方次第で短所は長所にもなります。

例えば「頑固」は短所に思えますが、「意思が強く仕事を最後までやり遂げることが出来ます」なら長所にも思えます。

他にも「マイペース」は、わがまま、協調性がないという短所に捉えられがちです。

しかし伝え方を変えれば、「マイペースだからこそ周りに影響されずコツコツ仕事を頑張ることが出来ます」など、長所にもなりえるのです。

ただし営業職の面接などで、「人見知り」といった面接官が明らかに採用をためらうような短所はやめた方が無難です。

短所の内容だけで不採用になることは少ないですが、それなりに長所と短所の答え方や伝え方には注意が必要ですよ。

今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-正社員になりたい人の為の面接術

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.