面接や応募書類の気になるQ & A

フリーター時代の職歴は書いた方がいい?

更新日:

フリーターから正社員になりたいと考えると、ブチ当たる壁の一つがフリーター時代の職歴です。

これは履歴書や職務経歴書でも、面接でも伝えるべきか迷いますよね?

そんな人の為にも、フリーターが有利になる職歴の書き方や伝え方をまとめます。

フリーター時代の職歴は書いた方がいい?

フリーター時代の職歴は基本的には書いた方が良い

フリーターを長く続けている人は、アルバイトの経験だけという人が多いことかと思います。

そういった場合、「フリーターの職歴なんて書いても意味ないよなぁ〜」と考えるのはもったいないです。

例えフリーター経験しかなかったとしても、履歴書や職務経歴書に何も書かなければ、「働く気がない!」と思われることもあります。

「フリーターの職歴なんてキャリアにはならない!」と以前にまとめましたが、それでもキャリアとして0ではありません。

何も書かないよりは書いた方がいいんです。

ただし「今までに15箇所でアルバイトをしてきたから、15箇所の職歴を全て書こう!」と考える必要はありません。

具体的には、下記のようなフリーター経験があれば書くべきです。

  • 長く続いた職場での職歴(1年以上など)
  • フルタイムで働いた職歴(1日8時間以上で月に20日以上)
  • 面接先の企業に少しでも関連する職歴

上記に当てはまる職歴を厳選して、3〜4つにまとめれば十分です。

そもそも、そんなに多くの職歴を書けるスペースはないと思うので、職務経歴書などに書く職歴は、ある程度しぼっていきましょう。

こんな場合はフリーター時代の職歴を書く必要はない

正社員の経験がある人は、わざわざフリーター時代の職歴を書く必要はありません。

なぜならフリーターの経験よりも正社員での経験を書いた方が、圧倒的に有利になるからです。

ただしフリーター時代の職歴の中でも、面接先の企業に関連性のある職歴なら書いた方が良いですよ。

まとめ

フリーターの職歴と言っても、これまで働いた経験が何の価値もないわけではありません。

自信をもって、少しでも有利になるフリーター時代の職歴を選定して書けばいいんです。

これは面接においても同じです。

職務経歴書に書いた職歴について、経験してきたことや実績をアピールすればいいだけです。

まずは職務経歴書や履歴書を充実させて、書類選考を突破することが大切です。

応募書類を充実させるためにも、フリーター時代の職歴も積極的に書いてくださいね。

今読まれている記事

firststep-img01 1

今現在フリーターの人も、「一生フリーターのままで良い」とは思っていないのではないでしょうか。 しかし、1人で就職活動してフリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。 フリーターから正社 ...

中卒・高卒もOK!学歴不問の正社員求人が多い仕事や見つけ方 2

フリーターから正社員なりたいと思っている方の中には、学歴がないために正社員になれないという方もいるのではないでしょうか。 書類選考の段階で落とされてしまう・・・。 「どうせ正社員にはなれない」と思って ...

【そのままでもOK】コミュ障でも正社員になれる仕事とオススメの転職エージェントまとめ 3

「正社員になりたいけど、自分はコミュ障だから正社員になんかなれないんじゃないか」 そんな悩みをもって、正社員になることを諦めているかたもいるのではないでしょうか。 でも、決してそんなことはありません。 ...

中卒から正社員になりたい!現実と成功率の高い就職活動方法について 4

自由な働き方を求めて派遣社員になった人、正社員になりたいと思っていたけど就職できず派遣社員になるしかなかった人、派遣社員になった経緯は人によって様々だと思います。 しかし、どんな経緯であれ、いつしか安 ...

【フリーターから正社員へ】人材紹介会社ならココだ!メリット・デメリットも紹介 5

就職や転職活動をサポートしてくれる強い味方に、人材紹介会社というのがあります。 転職活動の場で不利になりがちなフリーターから正社員になりたいなら、利用必須と言っても過言ではありません。 今回は、そもそ ...

-面接や応募書類の気になるQ & A

当サイトは、転職キャリアブログのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

フリーターから正社員になりたい人の為のまとめのトップページに戻る

Copyright© フリーターから正社員になりたい人の為のまとめ , 2018 AllRights Reserved.